FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質カット麺を開発 ダイエット中…でも食べたい

ようこそおいでくださいました。




三倉食品(西原町、佐久間健治社長)は従来の沖縄そばよりも糖質を29%カットし、1食で1日分の食物繊維が取れる「沖縄低糖質麺」を開発した。糖質カットのためウコンや島野菜、大豆由来のでんぷんを練り込み、食物繊維が取りにくい高齢者や健康志向の消費者にアピールする。5月末からサンエーとりうぼう各店舗で販売している。
 佐久間社長が人間ドックで炭水化物を控えるよう医師から注意されたことをきっかけに、5年かけて開発した。小麦粉100%ではないため「沖縄そば」を名乗れないが、八重山そば風の細い丸麺に仕上げ、食感を再現した。

 中小企業基盤整備機構沖縄事務所(橋本大哉所長)の支援を受け、商品化へ向け計画を策定し、販路開拓につなげた。冷凍タイプも販売し、県系人の多い海外にも販路を広げる予定だ。

 「沖縄低糖質麺」は1食192円(税別)。売り上げは年間500万円を目標としている。

琉球新報社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000003-ryu-oki
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。
桑ポリス
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。
スポンサーサイト

【博多女子のそこが聞きたか!】「黄金の塔の国 ミャンマーを行く・番外編」現地食レポ  国民食は「モヒンガー」、米は細長くぱさぱさ

こんにちは。




 九州から4500キロ離れた国、ミャンマーに福岡市の姉妹都市がある。同国最大の都市、ヤンゴン市だ。なじみの薄い都市だが、現地に行けば、多彩な食が楽しめるという。そう聞いた福岡出身の新聞記者兼食いしん坊の「つくし」が、謎の生物「めんたい犬」と一緒に、食レポに現地へ向かった。

 〈めんたい犬〉早朝から、どこもかしこも屋台や食堂がにぎわっとうね。

 〈つくし〉ミャンマー国民料理の「モヒンガー」やね。米粉の麺に、魚介類ベースのスープをかける。玉ねぎや細切りのネギ、豆を入れ、ライムを絞り、パクチーを加えれば、食べやすくなるっちゃね。

 〈めんたい犬〉さすが、食いしん坊記者やね~。

 〈つくし〉スープはあっさりしとうけど、コショウをかければ、味が引き立つわ。健康的なメニューやね。日ごろ、脂っこい料理を食べ慣れとうけん、薬のごたぁ感じがする。

 〈めんたい犬〉ダイエットにもなるっちゃろうね。

 〈つくし〉ミャンマー人通訳のモンモンミンさん(52)に聞いたっちゃけど、中国やタイに囲まれたミャンマーは、さまざまな国の味の影響を受けとうと。あと主食の米は、細長くてぱさぱさしたインディカ米やけん。

 〈めんたい犬〉それにしてもミャンマーは手提げバッグで、通勤通学する人が多かねえ。

 〈つくし〉ホテルの従業員さんに見せてもろうたら、バッグの中に3段重ねの弁当箱が入っとった。下の2段にご飯。ランチの時間に、「チンバッ」という漬物と一緒にかき込むんが、定番やって。

 〈めんたい犬〉昼ご飯食べて時間も経っとらんばってん、夜ご飯が待ち遠しかなあ。

 〈つくし〉昨晩、ダウンタウンの屋台に行ったんよ。ガラスケースに川魚や野菜が並んどったよ。お客さんが好きなだけ食材を皿に盛り、その場で焼いてもらうんやって。

 〈めんたい犬〉ミャンマービールもおいしか~。1杯75円。アルコール度が5%程度でのどごしはスッキリ。塩茹でしたピーナツも香ばしくて、つまみにピッタリやった。日本円で1000円も出しゃあ、お腹いっぱいになるとよ。

 コカ・コーラは、万国共通の味やった。

 〈つくし〉ミャンマー風のカレー「シービャン」も、めっちゃおいしかった。タマネギ、ニンニク、ショウガを炒め、鶏肉や魚を加えて、煮込む。それほど辛うなかったわ。魚を発酵させた魚醤をかけて味を調整したっちゃけど、タイでいえば、ナンプラーかな。肉は、牛肉より鶏肉や豚肉が好まれるみたいやね。

 〈めんたい犬〉食後のスイーツ事情は、どげんなっとっちゃろう。

 〈つくし〉カフェで飲んだチャイは、予想以上に甘ったるかった。

 店では注文する前から、ココナツミルクの寒天や、米粉を発酵してピーナツ油を混ぜ合わせた焼き菓子が出てきた。

 どれも日持ちがするものばかりやね。口に入れたらパサパサして、奥歯に詰まる感じやった。

 〈めんたい犬〉洋菓子はあまり見かけんよね。

 〈つくし〉これまで間食の習慣はほとんどなかって、聞いたよ。あってもスープを飲むくらいやって。

 でも、近頃は洋菓子の店も出てきたって。

 〈めんたい犬〉ヤンゴンには福岡市博多区の菓子店「ラ・ヴィ・アン・ローズ」の支店があるよね。

 オーナーシェフの小田信也さん(49)はミャンマー人のチーズ好きに注目し、ヒット商品「ミニチーズ」を生んだんやって。

 庶民も手が届くっちゅうて、人気ばい。

 ホワイトクリームやチョコクリームとか、洋菓子におなじみの原材料の調達がままならんみたいやね。

 そげん中でも、小田さんは「日本の洋菓子のおいしさをアジアに広く伝えたい」と立ち向かっとうとよ。日本風の味わいになるたけ近付けようと日々、奮闘しとるんやね。

 〈つくし〉小田さんごたあ九州人の活躍が、この先も楽しみやね。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000039-san-l40
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


桑ポリス
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。

生食用の青パパイヤ栽培、西伊豆で初成功

訪問感謝です。




■「カレー、きんぴらに」

【特集】西伊豆・土肥を探訪 黄金色に輝く町 

 松崎町船田の農園「河浦花園」で、50年前から切り花を専門とした園芸業を続けている河浦輝雄さん(75)がこのほど、料理などで使う生食用の「青パパイヤ」の栽培に初成功した。伊豆地区ではほかに南伊豆などで栽培例が確認されているが、河浦さんによると西伊豆地区でこれまで収穫にこぎ着けた例はないという。

 河浦さんは、トルコキキョウやラナンキュラス、独自に開発した「トリックイエロー」など季節の洋花を長年栽培し、その品質の高さから県内外に高い需要がある。都内の専門店などからの引き合いも強い。

 河浦さんは25年前、20種の野草や海藻のエキスを含んだ液体肥料などを独自に調合した「カクテル24スペシャル」というオリジナルの酵素を発明。これを活用した栽培は花持ちが良くなり、色が格段に美しくなるという。

 長年切り花の栽培に力を入れてきた河浦さんだが、今年の春からは野菜の栽培にも本格的に進出。トマト、キュウリ、カブなどを育てていて、他にない甘さなどが特徴という。

 今回、栽培に成功した青パパイヤは、4月に沖縄の苗48株を仕入れ、ハウスで5月上旬まで育てた後、露地栽培に切り替えた。

 7~8月に次々と花が咲き、実を付けはじめ、この9月から本格的な収穫が始まった。

 生食の青パパイヤは完熟パパイヤと異なり、高い酵素能力により、ダイエットにも効果が期待できるという。皮をむいて切ってからカレーに入れたり、きんぴらにして食べるのもお勧めといい、これまで食べた人たちからの評判も良いという。

 関心のある人には販売もする。

 【写説】初めて栽培に成功した「青パパイヤ」の出来栄えに、満足そうな笑顔をみせる河浦さん=松崎町船田の「河浦花園」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000005-izu-l22
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。

低速回転のジュサークビンスホールスロージューサー

森三中の大島美幸さん愛用「モリンガ」ってナニ!? 女子力アップ講座

お元気ですか?




突然ですが、“モリンガ”って何か知っていますか?その名称自体初めて聞いた人も多いかもしれませんが、実はインド原産で、3000年もの歴史がある薬草の名前なんです。

 この「モリンガ」(http://bit.ly/1QoTg6k)が今、日本でもジワジワとブームになっているんです。今回は、そんなモリンガについて、ご紹介させていただきます。

 まず、モリンガは薬草なのですが、その効果が多くてびっくり。健康にとても良いとされているモリンガは、便秘の解消や気になる体臭の予防、身体がスッキリする、ダイエット効果がある、おならの臭いがなくなる、二日酔い予防、花粉症や鼻炎にも効く……など、本当にたくさん。

 モリンガに注目して栽培を始めたのは熊本県の天草市で、とても自然豊かで海に囲まれた地域なのですが、今では地元小学校の協力を得て、モリンガ茶の飲用やうがいもおこなっているようです。

 その小学校では、インフルエンザや胃腸炎に感染する子も他の学校と比べてとても少ないことがはっきり結果として出ているそうです。そして、このモリンガを愛飲している森三中の大島美幸さん。おならが強烈に臭うと旦那さんに言われ続けていたのが、3~4日飲み続けただけでほぼ無臭になったそうなんです。それ以来、テレビや雑誌でも紹介していたり、人に勧めたりもしているそうです。

 そんなすごい力を持っている薬草のモリンガ、実はヨーロッパではとても人気が高く、特にドイツでは医師が推奨していることもあり、ドラッグストアでは売上げはトップクラス、田舎のおばあちゃんでもその名を知らない人はいないそうです。

 そんなモリンガで、あなたもぜひ悩みを解消してみませんか?

■矢田部ゆうか(やたべ・ゆうか) 1987年6月4日東京都出身。OLで美容ライター。女子力アップをテーマに美容、コスメ、ダイエットなど、女性のためになるアドバイスが得意。現在は美意識UP委員会(http://y-biishiki.blog.jp/)を運営中。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000001-ykf-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。

低速回転のジュサークビンスホールスロージューサー

サプリにショウガ ダイエットなど利用シーン拡大

こんなのもあります。




サプリにショウガ ダイエットなど利用シーン拡大


健康産業新聞 10月14日(水)10時38分配信









 冷え対策の定番素材として古くから利用されてきたショウガ。最近、ダイエット商品や関節サプリメントへの配合が進んでいる。さらにここ数年、欧米をはじめ海外でのニーズが高まっており、米国では製品名にGingerを標記したサプリメントも数多く流通する。乾燥ショウガは認知症などの神経変性疾患の予防や進行抑制に効果的であることがわかるなど、ショウガが持つ多様な機能性に国内外から注目が集まっている。



 アジアの熱帯地域が原産とされるショウガは、インドや中国などでは紀元前から食用や薬用として利用されてきた。中国漢方処方では実に7割近くに乾燥ショウガが用いられるなど、高い機能性は折り紙つき。国内では主に血流改善の機能性に注目が集まり、サプリメントや一般食品への採用が進んでいる。



 海外でもショウガの人気は高い。ショウガの有効成分「ショウガオール」には、アドレナリンやノルアドレナリンの分泌を高める働きが知られ、内臓脂肪や皮下脂肪を効率よく分解し筋肉で燃焼させる効果や、中性脂肪やLDLコレステロールの低下、血糖値の上昇抑制作用も確認されており、肥満対策、ダイエット訴求のサプリメントを中心に採用が進んでいる。



 米国では、ショウガを主成分としたサプリメントが数多く流通しており、最近ではインフルエンザ対策サプリとして有用であると紹介されたことで、人気は高まりをみせている。



 ショウガに関する最近の研究では、乾燥ショウガが認知症などの予防や進行抑制にも効果的であることがわかってきた。冷え対策、ダイエット、メタボ対策・・・サプリとしても利用シーンが拡大するショウガ。さらなる機能性の解明に向けた研究にも期待が高まっている。





健康産業新聞




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00010003-kenkoshin-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。

低速回転のジュサークビンスホールスロージューサー
酵素ドリンクダイエット
プロフィール

himehazu

Author:himehazu
彼女のダイエット方法はうまくいくのかにようこそ!
ダイエットにまつわる情報を集めています。

美容・健康

最新記事
カテゴリ
最新コメント
酵素黒酢
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。