スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇部ときわ動物園の「メタボ気味」コツメカワウソ、ダイエット作戦成功

訪問感謝です。




宇部ときわ動物園の「メタボ気味」コツメカワウソ、ダイエット作戦成功 /山口


みんなの経済新聞ネットワーク 8月31日(月)21時14分配信










 宇部ときわ動物園(宇部市則貞3、TEL 0836-21-3541)で現在、ダイエット作戦に取り組む「メタボ気味」のコツメカワウソが減量に成功し人気を集めている。(山口宇部経済新聞)

土砂降りの雨の中、ランニングに励むコツメカワウソ

 ダイエットを行っているのはオスのボン(2歳)。同園にやって来た昨年末には3キロほどだった体重が、約半年間で3.4キロに増加。6月には、いよいよおなかのたれ具合が目立ち始め「メタボ気味」になったことから、7月初旬からダイエットを開始した。



 ダイエットメニューはランニングとスイミング。毎朝開園前にランニングから開始するのが日課で、飼育担当の木村嘉孝さんがエサの鶏ササミの入った器を見せて気を引き、そのまま誘導しながら1周約70メートルの展示舎内を4周ランニング。その後、誘導に使ったエサを池に投げ込み、スイミングを行う。



 ダイエット開始から約1カ月後、200グラムの減量に成功したボン。連日の特訓の成果が表れ、「現在はもう少し体重が減っている様子」と木村さん。9月初旬に2度目の計量を行う予定という。



 「メタボ気味」になった原因について、木村さんは「もともと太りやすい体質に運動不足が重なったからでは」と話す。「ボンと同居するメスのリン(3歳)も一緒に取り組んでいるが、カワウソも遊びながら運動しているようでストレス発散にもなっているようだ」と笑顔を見せる。



 木村さんは「飼育員の中でも、ボンのメタボはいつも話題になっていた。食事は1日に5回だが、ダイエット時のスイミングで与えるエサを朝食とし、食事での満足度は下げないようにしている。今のところいいペースなので、このまま健康的にスリムなボディーを取り戻してくれたら」と期待を寄せる。



 開園時間は9時30分~17時(土曜・日曜・祝日は9時~)。入園料は、一般=500円、3歳以上中学生以下=200円、70歳以上=250円。





みんなの経済新聞ネットワーク






http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000074-minkei-l35
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


黒ずみをとってしまう石けん


スポンサーサイト

プリン体0.00×糖質0、キリン「淡麗プラチナダブル」注目の理由

お元気ですか?




プリン体0.00×糖質0、キリン「淡麗プラチナダブル」注目の理由


Business Media 誠 9月2日(火)20時1分配信








 2014年秋、発泡酒市場がこれまでにない盛り上がりを見せそうだ。9月2日には、アサヒビールが「アサヒスーパーゼロ」、キリンビールが「淡麗プラチナダブル」、サントリーが「おいしいZERO」とそろって発泡酒の新商品を発売する。これらの新商品に共通しているのは、いずれも「プリン体0&糖質0」という高機能系商品であること。

【他の画像】

 なぜプリン体0&糖質0の発泡酒が今話題になるのか? そのきっかけはサッポロビール「極ZERO」にあった。2013年に新ジャンル(いわゆる「第3のビール」)として発売された極ZEROは「プリン体0、糖質0」を打ち出して注目を集めたが、2014年1月に国税当局から酒税の適用区分を確認する目的で(つまり、酒税率が低い第3のビールなのか? を疑われ)製法照会を求められた。これを受けたサッポロビールは、第3のビールとしての極ZEROの販売を終了。商品名はそのままにし、ジャンルを発泡酒に変更した極ZEROを再発売する、という方針を打ち出したのだ(参考記事)。この一件がきっかけとなり、また、健康志向の高まりから各社が糖質やプリン体を減らした機能系商品を増やしていたという背景もあって、プリン体0&糖質0の発泡酒への注目度がアップした。



 こうした事情により、9月2日は、アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリーの大手4社から「プリン体0&糖質0」の発泡酒が出そろうことになる。尿酸値が気になる人はプリン体を、ダイエット中の人は糖質を控えたいもの。高機能系発泡酒は、健康に気を使う人にとって非常に気になる商品だといえるだろう。



 実は4社の中で、機能系発泡酒のパイオニアと言えるのがキリンビールだ。これまでも糖質70%オフの「淡麗グリーンラベル」、プリン体99%オフ「淡麗W」といった発泡酒を販売、売り上げでも発泡酒市場で16年連続1位となっている。なぜキリンビールは機能系発泡酒に力を入れるのか? 新商品「淡麗プラチナダブル」の特徴とは――商品企画担当の責任者、キリンビール株式会社 マーケティング部商品担当 久保育子さんに話を聞いた。



●発泡酒は「おもしろい」カテゴリ



 現在各社が販売しているビールは、大きく「ビール」「発泡酒」「新ジャンル(いわゆる、第3のビール)」の3つに分けられる。キリンビールの場合、各カテゴリの主力商品は以下の通りだ。



 もともと発泡酒は、「ビールより安い」ということで値段の安さに注目が集まることが多かった。しかしさらに値段が安い新ジャンルが登場し、そちらに注目が集まるようになる。しかし、キリンビールではずっと発泡酒の開発を続けてきたという。



 「キリンでは、ずっと発泡酒の技術開発を続けてきました。実は発泡酒というのは、とても面白いカテゴリなんです」(久保さん)



 第3のビールは原材料や製法の制限が厳しく、開発の自由度が低い。これに対し、制約が少ない発泡酒は自由度が高く、新しい技術を取り入れたり、原材料を工夫したお酒をつくったりしやすい面白さがあるのだ。



●「プリン体カット製法」とは?



 淡麗プラチナダブルとは、どのようなお酒なのだろうか。



 「淡麗シリーズはこれまでも『ビールに近いおいしさ』を追求してきた発泡酒です。シリーズのコンセプトは『うまさを磨き続ける』。基幹商品の「麒麟 淡麗〈生〉」は、1998年の発売以来7回も味をリニューアルしています。新商品の淡麗プラチナダブルでも、『プリン体0.00、糖質も0、だけどビールに近いおいしさ』を実現している。ここが最大の特徴です」(久保さん)



 技術的には、プリン体をカットすることそのものはそれほど難しくない、と久保さんは話す。キリンでは2009年からプリン体を99%カットした淡麗Wを販売しているが、最後の1%をカットし、さらにおいしさと両立するところが最大の難関だったという。そして今回0.00を実現したのが、「プリン体カット製法」という世界初、キリン独自の特許技術だ。



 プリン体をカットした発泡酒を作るには、大きく2つの方法がある。1つはもともとプリン体が少ない原料を使ってつくる「低プリン体原料製法」。もう1つはビールと同じ原材料を使って造り、あとからプリン体を抜く「プリン体除去製法」という方法だ。プリン体カット製法は、後者のアプローチに当たる。



 「プリン体カット製法というのは、発泡酒にプリン体を除去する吸着剤を入れ、うまさを残しながらプリン体だけを吸着させて取り除く方法。こうすることでビールに近い味わい、発酵由来の複雑なおいしさが実現できるんです。



 プリン体カット製法の原点は、2000年発売の『クリアブリュー』という、透明な発泡酒です。クリアブリューは、醸造したお酒に吸着剤を入れて色を抜く、という作り方だったんですね。吸着剤を入れると、色だけじゃなくプリン体も抜ける……これに気付いてできた、ある意味偶然の産物ともいえるのが、プリン体カット製法なんです。プリン体カット製法を初めて使ったのが、2003年の『淡麗アルファ』。ビール類で初めて、プリン体カットに成功した商品でした。今回新発売の淡麗プラチナダブルでは、プリン体99%カットを実現していた『淡麗W』の技術をさらに進化させて、プリン体カットに成功しました」(久保さん)



●糖質カットへの挑戦



 プリン体を減らすのと同時に、糖質を抑えた発泡酒の研究も進んでいた。「淡麗グリーンラベル」は糖質70%オフという商品。こちらは2002年発売のロングセラーで、2013年には20.7万キロリットル売れており、キリンの発泡酒の中でも2番目の販売量を誇る。



 糖質ゼロの発泡酒としては2007年に「麒麟ZERO」を発売、現行商品の「キリンゼロ〈生〉」に続いている。こちらは「糖質がゼロ、発泡酒で最も低カロリー(100ミリリットルあたり19キロカロリー)」をうたった商品だ。



●「ビールを飲みたいがカラダのことも気になる」人向け



 こうした技術を集めて生まれた淡麗プラチナダブルは、キリンビールでは初めての、プリン体も糖質もゼロという商品だ。アルコール分は5.5%、味はすっきりと飲みやすく、飲み飽きない味に仕上げた。



 「私もビール好きなので分かるんですけど、ビールが好きな方は、カラダのことも気になるけど飲むことを楽しみたいんですよね。なので淡麗プラチナダブルは、ビールに近い味わいを楽しんでいただけるようにしました。プリン体0.00、糖質0と高機能なだけでなく味もおいしいというのが最大のポイントです。ビール好きな方は、ぜひ淡麗プラチナダブルを飲んでみてください」(久保さん)





[吉岡綾乃,Business Media 誠]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140902-00000076-zdn_mkt-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します





感謝します。

トクホ「体脂肪・炭酸」でブーム再来 売上回復へ

こんにちは。




トクホ「体脂肪・炭酸」でブーム再来 売上回復へ


エコノミックニュース 4月25日(金)13時32分配信







 キリンビバレッジの「メッツコーラ」に、サントリーの伊右衛門「特茶」。ここ2年ほど、トクホ飲料のヒットが続いている。メッツコーラも特茶も、発売後わずか2週間で年間目標の100万ケースを突破するなど、06年の「黒烏龍茶」以来のヒットとなった。



 こうした商品の効果もあり、縮小が続いていた「トクホ市場」の売上が回復しつつある。公益財団法人 日本健康・栄養食品協会によると、13年のトクホ市場は6275億円。ピーク時の07年(6798億円)には及ばなかったものの、09~11年の前回調査を大幅に上回った。



 厚労省が「特定保健用食品(トクホ)制度」を始めたのは、1991年。血圧や血中のコレステロールを正常に保つことを助ける、おなかの調子を整えるなど、体への「特定の効果」が認められた食品に対し、認可マークを付与する制度だ。13年末の時点で、認可された食品は「乳酸菌」「コレステロール」「中性脂肪・体脂肪」「食物繊維」など1095品目にのぼる。



 トクホ食品の6割を占めるのは「お腹の調子を整える(整腸)」関連。雪印メグミルクの「ナチュレ 恵」や明治の「ブルガリアヨーグルト」、ヤクルト本社の「ヤクルト」など、いずれもトクホ食品だ。ここ数年はヨーグルトブームの影響もあり、整腸関連のトクホが好調。13年の売上高はピーク時の05年を上回った。



 「メッツコーラ」や「特茶」「黒烏龍茶」などの「中性脂肪・体脂肪」カテゴリは、トクホ全体の2割を占める。売上は07年をピークに減少していたが、08年に「メタボ検診」が始まったことでダイエットに関心をもつ人が増加。売上は急速に回復した。



 食品の種類別にみると、前回調査から最も伸び率が大きかったのは「清涼飲料水」(24.1%→28.6%)。ここ数年の、トクホ炭酸飲料、お茶ブームを反映した形だ。昨年末にはサントリーから、脂肪の吸収を抑えるコーヒー「ボス グリーン」が発売され話題になった。今後もしばらく、トクホ系飲料のブームは続きそうだ。(編集担当:北条かや)





Economic News







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140425-00000162-economic-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。

マンダム/ルシード新製品、「ミドル脂臭」と戦うデオドラントのヒミツ

訪問感謝です。




マンダム/ルシード新製品、「ミドル脂臭」と戦うデオドラントのヒミツ


RBB TODAY 3月17日(月)12時0分配信








 4月からの新年度。働き盛りの30~40歳の男性にとっても、異動で新しい同僚ができたり、新規取引先を担当したり、いろいろと人と会う機会が増えるシーズンだ。それだけに第一印象には気を付けたい。

他の写真を見る

 マンダムは2月より、30~40代男性特有の汗のニオイ、「ミドル脂臭」に着目したデオドラントシリーズ「薬用スカルプデオシャンプー」「薬用デオドラントボディウォッシュ」「薬用デオドラントスプレー」「薬用デオドラントスポット」を、男性用グルーミングブランド「ルシード」で新たに発売している。



 マンダムによると、いわゆる「ミドル脂臭」は、主に頭部・頚部周辺から発生する脂っぽい汗のニオイ。「加齢臭」と思われがちだが、加齢臭の原因物質「2-ノネナール」が顕著に増加するのは50歳代以降のため、「ミドル脂臭」は加齢臭とは別のニオイなのだという。マンダムは、このニオイの原因を「ジアセチル」と呼ばれる臭気成分であることを特定。それに対応したのが「ルシード デオドラントシリーズ」だ。



 この新シリーズ開発に携わった、マンダム 技術開発センター スキンケア製品開発室の清水真由美さんと一問一答。開発の過程や製品の特徴を伺った。



--- まず、「ミドル脂臭」とはどんなニオイでしょうか?



清水:30~40代男性特有の汗の臭いで、50代にピークを迎える加齢臭(2-ノネナール)とは別の臭気成分ジアセチルが原因となる臭い。古いアブラのような、油が酸化したような好ましくない臭いで、微量でも臭いを感じ、周囲に拡散しやすいニオイです。特に、ニオイを発している男性より女性が不快に感じられるニオイという特徴があります。



--- そのニオイはどうやって発見されたのでしょうか?



清水:弊社技術開発センターの研究員が、趣味のフットサルで利用した施設の更衣室で、年代によって感じるニオイが異なることに気付いたことがきっかけです。社内で臭気判定士を含むニオイ研究チームが研究を進めました。機械分析とは別に、実際に男性の身体のニオイをくまなく嗅いで、ニオイの発生部位・原因成分を特定するのに3年、その後の商品化にともなう技術開発を含め、トータル7年に及ぶ研究期間を経て開発。7年間で延べ800人の男性の身体のニオイを嗅いで開発研究にあたりました。





--- 30~40代男性がニオイに気を付けるべき理由を教えて下さい。



清水:「ミドル脂臭は男性が感じにくく女性が感じやすい」というデータがあります。また、研究データでもミドル脂臭は女性の方が不快に感じることから、「自分は気付いていないけれども、周囲の女性は気付いている」という事実がありますので、無意識に印象が悪くなっている可能性があります。30~40代男性は、だからこそニオイに特に気をつける必要があります。



--- 今の30~40代男性は、そのニオイに対してどういう対策をしているのでしょうか?



清水:2013年夏に実施したウェブ調査で、「体臭を抑えるために、意識して行っていることはありますか?」と言う質問に「ある」と答えた方は約6割でした。具体的な行動としては、1位「シャンプーで洗髪する」、2位「ボディシャンプーで体を洗う」、3位「デオドラントスプレーを使用」が上位にあがってきました。体臭を抑えるニオイ対策状況が見えてきています。



 ただし上記のようなアイテムを体臭ケアとして使う際には、ご自分のニオイを把握し、対応したアイテムを使用することをおすすめします。



--- ルシードデオドラントシリーズの特徴は、どういうものですか?



清水:シャンプーは、高い皮脂の洗浄力×殺菌剤×フラボノミックス(保湿)配合でミドル脂臭の原因をしっかり洗浄できる中味に仕上げています。30~40代男性の皮脂はべたついて洗浄しにくいため、ニオイとともに頭皮に留まりやすいので、洗浄力にこだわって開発しました。



 ボディウォッシュは、殺菌剤×消臭成分(緑茶エキス)×フラボノミックス(保湿)配合でミドル脂臭、加齢臭、一般的な汗臭を対策できるような中味に仕上げています。加齢臭は洗浄や消臭が効果的ですので、ニオイ全般の洗浄&消臭にこだわり開発を行いました。



 スポット、スプレーは、殺菌剤×制汗成分×フラボノミックス(保湿)配合です。上記2つ(シャンプー・ボディウォッシュ)は洗浄製品ですので洗浄力にこだわりましたが、こちら2品はしっかりとケアできるよう、有効成分がしっかり肌に付着するような設計にしています。



--- 商品化の苦労は、どんなものがありましたか?



清水:ニオイ対策製品のほとんどが香りがついているように、「香料」というのは使用してすぐにニオイを覆い隠すマスキング効果が期待でき、ニオイ対策をしたという実感も強く感じることができます。しかし「ルシード」シリーズは無香料なので、香料が使えません。ある意味ごまかしがいっさい効かない中での開発となりました。そこが一番苦労した点です。



 また、本当にニオイが消えているのか、ご本人のアンケートだけでは充分ではありませんので、夏場に使用前後の被験者の体臭や枕カバーを何度も嗅いだりしました。だいぶ慣れましたが、疲労がかなり溜まるハードな業務でした(笑)。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00000006-rbb-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





感謝します。

「麦とろごはん」にアンチエイジング効果あり?大麦と山芋のおいしい関係

お元気ですか?




「麦とろごはん」にアンチエイジング効果あり?大麦と山芋のおいしい関係


japan.internet.com 6月14日(金)12時3分配信









「麦とろごはん」にアンチエイジング効果あり?大麦と山芋のおいしい関係

多くの人を悩ませるメタボ。 「麦ごはん」が予防・対策に繋がるという





大麦のみ、または大麦と米を混ぜて焚いた「麦ごはん」に、山芋をすった「とろろ」をかけて食べる「麦とろごはん」。好物にしている人も多いことだろうが、この麦とろごはんはアンチエイジングやメタボ対策の効果があるのだという。大麦食品推進協議会“大麦サポーターズ”のレポートを元に解説したい。



まず、白米の17倍、玄米の約3倍もの食物繊維が含まれている大麦には整腸作用があり、ダイエット効果、メタボ対策、生活習慣予防に効果がある食材とされているそうだ。特に、大麦に含まれる食物繊維の一種「β-グルカン」には、コレステロール低下や血糖値上昇の抑制という効果が認められており、メタボシンドローム予防にも効果的だと言われているという。



食品の機能性評価を行う公益財団法人日本健康・ 栄養食品協会が公表した「β-グルカン」の評価結果によると、「血中コレステロール正常化」「食後血糖値の上昇抑制」「満腹感の維持作用」 についていずれも「機能性について肯定的な根拠がある」のだそうだ。



一方の山芋(自然薯:じねんじょ)は、漢方の世界では「山薬」と呼ばれ、アンチエイジングに効果的な生薬とされているという。男性ホルモンや女性ホルモンの素になる「DHEA」に似た物質が多く含まれおり、継続摂取することで抗酸化力が向上するほか、山芋のネバネバに含まれる「ムチン」には疲労回復効果があるとのこと。



この2つの食材を同時に摂取できる「麦とろごはん」は、メタボ予防、抗酸化作用、食後高血糖の抑制など双方の食材がもつ様々な効果が期待できる“最強コンビ”だという。



ちなみに、6月16日は「6=むぎ」「16=とろ」の語呂合わせから、“麦とろの日”と言われているそうだ。“大麦サポーターズ”では、「麦ごはん×山芋は最強アンチエイジング」をテーマに、Web サイトを展開したり、料理研究家・池内千波氏の考案による“食物繊維たっぷりかんたん!麦とろレシピリーフレット”をスーパー店頭で配布したりするなど、「大麦」の機能性や食べ方についての啓発活動を積極的に行っていくとしている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000008-inet-sctch
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。
酵素ドリンクダイエット
プロフィール

himehazu

Author:himehazu
彼女のダイエット方法はうまくいくのかにようこそ!
ダイエットにまつわる情報を集めています。

美容・健康

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ふくらはぎウォーマーのミーテ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。