FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横手在住の女性2人が「スポーツエアロビクス」全国大会出場へ

お元気ですか?




 横手市在住の齊藤朋美さんと武田美由紀さんが2月19日、大阪府熊取町で開催されるスポーツエアロビクスの全国大会「全国フライト・エアロビック選手権大会」に出場する。(横手経済新聞)

エアロビクススクールの練習風景

 フィットネスクラブ「クォード」(横手市安田)でエアロビクスのインストラクターを務める齊藤さんは、昨年4月に宮城県で開かれた予選大会を2位で通過し、全国大会への出場権を2年連続で獲得。クラブ会員の武田さんも、12月に東京都で開かれた予選を勝ち抜き初出場を決めた。

 姿勢の良さと正確な動きが審査基準の同競技。二人は、これまでも週1回のトレーニングを重ねてきたが、30分動き続ける体力作りなど、大会に向けた調整を本格的に始めるという。

 武田さんは「エアロビクスを始めて、姿勢と体のバランスも良くなりダイエットにも成功した。全国大会では、雰囲気に飲み込まれないよう自分の演技ができれば」と話す。

 「今年は武田さんと二人で参加できるので心強い」と話す齊藤さんは、「クラシックバレーや新体操の経験を生かし、自分たちで工夫しながらトレーニングしている。ファイナルステージに立つことが目標」と意気込みを見せる。

みんなの経済新聞ネットワーク


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000087-minkei-l05
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


糖尿病の食事が大食いになってしまう理由と心と体を一つとして考えることで観えなかったあなたの本当の原因を探ります。
⇒ 糖尿病でも食事制限をしない方法があった!
スポンサーサイト

研究が示すフィットネストラッカーの利点より大きな害悪とは

ようこそおいでくださいました。




フィットネストラッカーを使ってみて、その結果にがっかりしたのはあなただけではない。先日、「フィットネストラッカーは減量を達成する妨げにもなりかねない」という論説が、米国医師会ジャーナルで発表された。

2010-2014年の間に行われた調査がある。471名(調査の完了率は74.5%)のランダムに選ばれた対象は2つのグループに分けられ、1つのグループは1日の運動を普通に記録してもらい、もう1つのグループは自分で記録する代わりにトラッカーを使ってもらった。

今回の調査対象者は、まず全員が低カロリーダイエットをおこない、ピッツバーグ大学 運動体重管理センターによりアクティブな生活を奨励された。そんな調査の結果は驚くものであった。フィットネストラッカーを使って自動的に記録をとっていたグループは、普通に記録をとっていたグループより体重が減っていなかったのだ。

調査のサマリーは次の通りである。

25-40歳の若い成人層の場合、ウェアラブルが普段の生活習慣に与える影響により、24ヶ月間の体重の減少が少なくなる結果となった。運動量のモニタリングおよびフィードバックをおこなうデバイスがもたらす利点は、標準的な減量アプローチに勝るものではないのかも知れない。

フィットネストラッカーは歩数のほか、さまざまなアクティビティをトラッキングし、それを見直せる形で記録する。今回の結果から考えられる答えとして、運動の結果をきっちり確認できることは、それを続ける励みになると同時にカロリー摂取の増加の口実にもなっているのかもしれない、ということだ。

言ってしまえば、ダメな生活習慣なら何をやろうが一緒なのである。

ウェアラブルから電子体重計など多くをカバーするフィットネストラッキングデバイスの雄 FitbitにAllureが接触した。Fitbitの反応は以下のようなものだった。

米国医師会ジャーナルに掲載されたピッツバーグ大の研究ではFitbitのデバイスやアプリは使われておらず、彼らの特定の発見について我々が言うことは何もない。また、ウェアラブルカテゴリーのリーダーである点からも、我々はFitbotプラットフォームが肯定的な結果をもたらすことに自信を持っている。

◇Fitbit Alta - Fitness REVIEW!
https://www.youtube.com/watch?v=J_SDilYrakQ


■様々な研究で用いられているフィットネストラッカー

Fitbitはまた商品が基本的な運動や生活習慣、健康測定など200以上の研究で使われているという。

フィットネストラッカーはかなりの人数に利用されている。我々RWですら科学的ではないものの、フィットネストラッカーと健康的な食事が肯定的な結果を残すという実験をおこなったことがある。フィットネストラッカーの利用で体重は減るのだ。

だが、これらデバイスを健康的な習慣を支えるものとして使いだすと話がややこしくなる。被験者のグループの体重はどちらも減っており、増加、あるいは変化なしというものは誰一人いなかった。片方のグループは体重の減りが若干多かったが、今回の研究でわかったことは結局、「両グループの被験者はどちらも体組成、運動量、生活習慣に大きな向上が見られた。両グループ間の結果に大きな差は認められない」というところだろう。

なんとも人騒がせな調査結果だと思う人もいるかもしれないが、ツールを手に入れたからといって無条件で目的が達成されるわけではない、ということを我々人間は忘れがちだ。そして、ただ忘れるだけでなく、数字や結果といった事実を自分にとって都合のいいように解釈し始めることがある。

今回の騒動は、人間のちょっと不思議で可愛らしい部分を明らかにしたのだとも言えるだろう。なにはともあれ、教訓の1つとして胸に留めておきたいものである。

ReadWrite[日本版]編集部


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010000-biz_rwj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


黒ずみをとってしまう石けん


進め!ママチャリ(4・完)「道具」から進化 競技や趣味、楽しみ多彩

こんなのもあります。




女性と自転車の関わりは、競技に趣味に広がっている。スポーツ用自転車「ロードバイク」の2009年全日本自転車競技選手権を、史上最年長38歳で制した西加南子さん(45)=掛川市出身、LUMINARIA所属=はトップレーサーとして活躍し続けている。

 自転車との出合いは短大時代。「将来は公務員に」という両親の意に反し、編入した大学を卒業する24歳の時、就職せずに競技に挑む道を選んだ。現在、年間10~15のレースに参戦する多忙な日々。毎回帯同する夫祐一郎さん(48)が最大の応援団だ。「現役である以上、後輩をつぶすつもりで練習している」。レースでは、力をつけても、相手との駆け引きで簡単には勝たせてもらえない。その「読めない感じ」が、西さんを自転車競技のとりこにしている。

 自転車の老舗小売店「御薗井商会」(浜松市中区)によると、20年前、スポーツ用自転車を購入する女性は夫や彼に連れられて来店する場合が多かったが、最近は夫や彼を連れたり、単独で来店したりする場合が増えている。高校自転車部を描いた人気漫画「弱虫ペダル」(作・渡辺航、秋田書店)の影響と、「自転車は五感を利かせながら楽しめる良い運動」との認識が広がったとみる。

進め!ママチャリ(4・完)「道具」から進化 競技や趣味、楽しみ多彩
ロードバイクレーサーとして活躍する西加南子さん=9月下旬、川崎市内
 掛川市の動物美容師池ケ谷繭子さん(33)は2013年、県内の女性自転車愛好家の集まり「Morpho(モルフォ)」を結成し、2カ月に1度、女性だけでツーリングを楽しんでいる。

 「自転車女子」となったのは4年前、ダイエットのためロードバイクを買ったのがきっかけ。現在は“仕事”も舞い込んでいる。名所を自転車で巡るツアーのガイドだ。中東遠地域で年2回開かれているツアー「ゆるゆる遠州ガイドライド」では茶畑などを案内し、県内外の客に喜ばれた。

 「季節を肌で感じながら地元の魅力、自転車の魅力を伝えられるなんて幸せ」。自転車を通じて知り合い、今春結婚した夫正光さん(40)も今月、ガイドデビューを果たす。

 静岡市駿河区のNPO法人理事、花木浩子さん(59)は今、夫健さん(58)が提案する自転車の旅を楽しみにしている。乗るのは、やはりスポーツ用という。

 自転車を夫婦の趣味として始めたのは7年前。健さんに誘われ、ママチャリで海沿いを走ると、予想以上に爽快だった。子育てを終えてできたゆとりの時間。一緒に走る健さんから時折遅れて「ママチャリか」とちゃかされるが、「私に合わせて、ゆっくり走ってくれる夫に思いやりを感じる」。

 御薗井商会会長の御園井宏昌さん(88)は「男性の乗り物だった自転車に戦後、女性が乗り始め、今は男女ともに楽しむ時代。自転車が時代の流れを押し、女性は強くなっていった。仲間が増えるのはうれしいね」と語る。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00010003-at_s-l22
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。
低速回転のジュサー
クビンスホールスロージューサー

ぽっこりお腹を撃退! 体幹を鍛える筋肉トレーニング

ようこそおいでくださいました。





ビジネスマンにとって“ぽっこりお腹”や“たるんだお腹”は、第一印象としてあまり好ましいものとはいえません。年齢とともに増えやすくなるお腹周りの脂肪は、どうにかしたいところです。

体脂肪を減らしてお腹のラインを整える場合、最も効率的な方法は「体幹を鍛える」ことです。単に腹筋運動を繰り返したり、有酸素運動だけを行うよりも、効率的で継続的な効果を実感することができるはずです。

■体にとって大きな役割を持つ「体幹」とは?

体幹には体の中心という意味合いがあり、大まかにいえば手足や頭部以外の胴体のことを指します。体幹は、肩や胸の筋肉、背中や腰の筋肉など体の外側の筋肉を形成する表層筋と、体の内側の深層筋(インナーマッスル)で構成され、骨格がそれら筋肉群を支えています。

体幹にとって最も重要な役割ともいえるのが、生命の維持です。人間の生命維持活動には欠かすことのできない呼吸や消化などを行うため、心臓や肺・胃腸などの臓器が問題なく働けるようにその筋肉群で各臓器の活動を支えているのです。

姿勢を維持することも、体幹の重要な役割の一つです。体幹は体の内側から背骨を支えることで、体の外側に付いている筋肉の活動も間接的に支えています。動作の軸を整えることの大切さは、あらゆるスポーツに共通している点であり、一般の人でも健康的で強い体を作りたいなら体幹を鍛えて「軸」を整えることは有効です。

体重や皮下脂肪に日ごろ悩んでいる人は、いつも行うダイエットに「体幹トレーニング」を加えることができれば、さらなる相乗効果をもたらすことができるでしょう。

逆に体幹が衰えてしまうと、お腹周りの筋力が落ちることで便秘になってしまったり、骨盤を支える筋肉が弱くなることで体が歪んでしまう可能性も否定できません。また、内臓を支える筋力が低下してしまうと内臓そのものが下がってしまい、下腹がぽっこりと出てしまうこともあります。

初心者の方は、最初から難しい筋力トレーニングやウエイトトレーニングなどではなく、場所や時間を選ばない「体幹トレーニング」から始めてみることをおすすめします。

■場所を選ばず実践可能! 初心者でもできる「体幹トレーニング」

体幹トレーニングは、時間と場所を選ぶことなく行えるものがほとんどです。中でも「フロントブリッジ」というトレーニングが、簡単にでき効果的だと言われています。主に腹筋や背筋を鍛える種目です。また、フロントブリッジは腹筋と背筋のバランスを整えることもできるので、腰痛の改善効果も期待できます。

フロントブリッジは、安全に最大限の効果を得られるよう「フォーム」から整える必要があります。

まず、腕立て伏せの体勢になり両肘を床につけ、腰と足・体全体が一直線になるようにしましょう。

この状態で、10秒間キープ。最初のうちは筋肉が弱いため、腰やお尻が下に落ちそうになるかもしれません。少しずつトレーニングに慣れてきたら、今度は20~30秒と徐々に時間を延ばしていきましょう。

動作中、視線を下げたり腰やお尻を下の方に落とすことなく、身体が一直線になるよう腹筋と背筋でしっかり支えましょう。お尻を下げたままでいると、腰を痛めることにつながるので注意が必要です。

■外見だけではない! 体幹を鍛えることで得られる多くのメリット

体幹を鍛えることにより、筋肉で支えられているヒップやバスト・背筋などをしっかり美しい姿勢のままキープできるようになります。これは特に女性にとって、頼もしい効果だといえるのではないでしょうか。

また、体幹に属する筋肉群は比較的に大きな筋肉が多いので、体幹を鍛えることで体全体の基礎代謝がアップします。基礎代謝のアップは、痩せやすい体質への変化につながるのです。 (提供:ヘルスグリッドオンライン)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000001-zuuonline-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


黒ずみをとってしまう石けん


「筋膜はがし」で痩せる人、痩せられない人の違い

お元気ですか?




肩や首のコリや腰痛に効き、ダイエットまでできてしまう「筋膜はがし」が話題である。口コミで広まり、複数のテレビ番組で取り上げられるという王道を歩んでいるが、一方で筋膜って何?  それって簡単にはがしていいものなの?  と疑問を持たれる方もいるだろう。

【詳細画像または表】

 筋膜とはその名のとおり筋肉を覆う膜のことである。全身をまるでボディースーツのようにカバーし、筋肉だけでなく骨や臓器を所定の位置に固定する役割も担っているので「第2の骨格」とも呼ばれている。

 肩や首のコリは周囲の筋肉をもみほぐすことで一時的に改善できるが、ぶり返してしまう。コリや痛みの原因は、同じ姿勢を続けることなどで筋膜が硬くなりシワができることにある。せっかく筋肉をもみほぐしても、筋膜にシワがあるままでは、シワに引っ張られてすぐに収縮してしまうのだ。

 よって肩周りや背中、腰周りなどの筋膜をほぐすことでコリや痛みをその原因から取り除こうというのが「筋膜はがし」の発想である。別に筋膜をベリベリとはがし取るわけではないので「筋膜ほぐし」とでも呼べばいい気もするが、「筋膜はがし」または「筋膜リリース」の呼称で定着しているようだ。

● 「ひとりでできる」ことも大注目の理由

 肩コリや腰痛という日本人の国民病に、筋肉や骨ではなく「筋膜」という耳新しい対策の視点が与えられたことも筋膜はがしが注目を集めた大きな理由だろう。もう一つの理由は「ひとりでできる」ということだ。

 「筋膜リリース体操」「筋膜リリースストレッチ」など呼び方はさまざまだが、主に肩や背中に効く体操なら、器具を使わずにひとりでできる。座った姿勢かその場に直立して行うので場所も取らず、特に難しいものでもない。器具を使う場合には専用のグリッドという円筒状のものを用意するが、テニスボールでの代用も可能で、これも原則としてひとりでできる。

 ではコリや痛みに効くのはいいとして、なぜダイエットにつながるのか?  その仕組みは「姿勢が良くなる」「血流が良くなる」「痛みやコリがやわらぐ」といった筋膜はがしの結果が、「運動のしやすさ」や「柔軟性」などにつながり、運動の効率が上がるというものだ。あくまで運動をすることが前提である。

 筋膜のシワへの着目は、整形外科の世界では「シンデレラ」に譬えられるほど注目されているとのことだ。だが調べた範囲では整形外科、肩こり外来、腰痛外来などで「筋膜はがし」が積極的に取り入れられている例は少ない。新しい手法ゆえのことで、今後は広く認められ取り入れられていく流れなのか、あるいは別の理由があるのかは不明だ。

 ただし、やりすぎない(1日3回がメド)、痛みを我慢して行わない、転倒に気をつけるなどを守れば、体操やストレッチそれ自体が健康にマイナスになることはないはずだ。ましてやこれまで体操の習慣のなかった人が1日3回の「筋膜はがし」を始めたら、「効く」ことは間違いないだろう。

 (工藤 渉)

 参考URL:

 肩甲骨・肩こり解消.com 筋膜はがし セルフマッサージ


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160227-00086977-diamond-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


黒ずみをとってしまう石けん


酵素ドリンクダイエット
プロフィール

himehazu

Author:himehazu
彼女のダイエット方法はうまくいくのかにようこそ!
ダイエットにまつわる情報を集めています。

美容・健康

最新記事
カテゴリ
最新コメント
酵素黒酢
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。