FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トクホ広告を業界団体が審査、「問題なし」9割

こんにちは。




健康食品の業界団体である公益財団法人日本健康・栄養食品協会は、6回目となる特定保健用食品広告審査の結果を発表、対象とした169件(26社51品)のうち、「問題なし」は154件(91%)だった。同協会では適合性に疑問がある広告について、当該企業に連絡して改善・検討を求めた。

 広告に対する行政の監視の目は厳しくなっている。発表では関連企業に対し、機能性表示食品との共存も意識しつつ、トクホの広告・表示が消費者にとってわかりやすいものとなるよう協力を呼びかけている。

健康産業速報


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00010000-kenkosoku-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。

はなしゃん 薄毛になってきたら。

スポンサーサイト

HMB、国内流通量が急増 高齢者、スポーツ、ダイエット・・・用途広がる

ようこそおいでくださいました。




機能性表示食品の製品も出始めた
ロイシンの代謝物質であるHMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)の需要が急伸。ここ数ヵ月の流通量は月15 t前後で、昨年に比べ大幅に増えている。ロコモ・サルコペニア対策、スポーツニュートリション向けに加え、ダイエットサポート向けにも。筋肉量や筋力の維持に役立つ機能性表示食品の製品も出始めた。

食薬区分変更で食品として利用可能に
HMBは、大豆や牛肉などに多く含まれる必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質。運動後の筋組織ダメージの軽減や、筋重量の増加、体脂肪の燃焼作用、除脂肪体重の減少抑制作用などの機能を有する。HMBは、体内でロイシンから生成されるが、摂取したロイシンの約 5 %程度。HMBの 1日摂取目安量 3 g を摂取するには60gのロイシンが必要になる。食品から摂取できるHMB量も少なく、サプリメントでの利用に期待がかかる。米国ではスポーツニュートリション分野を中心に認知度が高く、アスリートやボディビルダーに愛用されている。国内では2009年に食薬区分変更により食品としての利用が可能になった。

「売行きは順調」
国内で市場が大きく動いたのは昨年後半から。アスリート向け製品は、以前より一定の認知があり、市場には関連製品が流通していた。加えて、ロコモ、サルコペニアに関するエビデンスデータが蓄積され、予防対策の重要性が指摘されるなか、「筋力量、筋力維持」に対する関心が高まりHMBの注目度が上昇した。また、タレントのGACKT氏が愛用するサプリメントが話題となり、通販サイトを中心にHMBサプリメントの流通量が拡大している。

機能性表示食品の登場も大きい。昨年、小林香料がHMB第 1 号として『小林HMB(エイチエムビー)パウダー』が受理された。最近ではライオンの粉末飲料、エルビーの清涼飲料で受理されている。キューサイは今春からタブレット品の機能性表示食品の販売をスタート。売行きは順調という。

幅広い世代に提案できるHMB
末端市場では、ロコモ・サルコペニア対策サポート製品、運動シーンに合わせた製品のほか、ダイエットサポート製品への採用も目立つ。筋力をつけることで、体重を減らすためでなく、“太らない体型維持”“引き締まったボディづくり”といったコンセプトの製品に利用されている。

「筋肉・筋力」を訴求ポイントに幅広い世代に提案できるHMB。本紙が全国の受託製造事業者に実施している定期調査の「今年下半期・予想受注素材」でも初めてトップ10入りした。

UBMメディア株式会社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010002-kenkoshin-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。

はなしゃん 薄毛になってきたら。

コンビニ各社「健康志向」新商品

訪問感謝です。




食欲の秋を迎え、食べ過ぎが気になる人たちを意識した「健康志向」の商品が、大手コンビニ各社から次々販売されている。
いよいよ食欲の秋を迎え、街の人から聞こえてくるのは、健康を気にする声。
20代女性は、「ヘルシーなもの選んだり。ラーメンじゃなくて、春雨に替わってる麺とかあるので」と話し、また、10代女性は「糖質オフに、ついつい手が伸びちゃいます」と話した。
こうした中、大手コンビニでは、健康を意識した商品に力を入れる動きが加速している。
セブン-イレブンが26日に発売したのは、野菜を大幅に増やしたという「タンメン」。
これ1つで、1日に必要な野菜の3分の1がとれる一方、カロリーは、350kcalに抑えたという。
10月10日からは、味噌ラーメンも、大幅に野菜の量を増やしてリニューアル。
一方、ファミリーマートでは。
ファミリーマートの澤田貴司社長は、「世の中、健康志向というか、痩せたいとか健康になりたいとかということで、そういう問題意識が、すごく高まっていると思うんですね」と語った。
パーソナルトレーニングジムの「ライザップ」と商品を共同開発。
糖質を抑えた麺類やスイーツなど50種類以上取りそろえ、消費者の健康志向に訴える。
クリームがたっぷり載ったプリンは、ダイエット中も甘いものを食べたいという声を受け、糖質を抑えたという。
健康を意識した食品の市場は、年々拡大していて、糖質を抑えたり、ゼロにした商品では、2016年の市場規模が、3,400億円を超えたとみられている。
またローソンでも、低糖質、低カロリーを打ち出したパンがヒット商品に。
小麦の中で糖質が少なく、食物繊維などを多く含む「ブラン」と呼ばれる部分を使ったシリーズが、2012年の販売以来、累計1億3,000万個以上売り上げているほか、10月には、中華まんでも、糖質を抑えた商品を発売する予定。
飽和状態といわれるコンビニ業界で、消費者取り込みを図る各社の競争は、激しさを増すことになるとみられる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00018916-houdouk-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


桑ポリス
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。

“健康食品の元祖”梅のおいしくかしこい活用法

ようこそおいでくださいました。




梅の実が出回る頃になりました。梅干しや梅酒づくりを楽しんでいる方が多いと思います。今のように冷蔵庫が普及していなかった時代、梅干しは暮らしに欠かせないものでした。保存がきく食品であり、おにぎりやお弁当に入れると食品が傷みにくくなり、腹痛などを起こした時には民間薬として大活躍したからです。その梅をさまざまな食品に加工して利用しているのは、日本独自の食文化です。“健康食品の元祖”ともいわれ、漢方薬として伝わってきた梅を健康維持に上手に生かす方法を、日本薬科大学学長の丁宗鐵さんに聞きました。【聞き手=医療ライター・阿部厚香】

 ◇漢方薬から食品に進化した日本の梅

 梅はバラ科の植物で、原産地は中国。稲作とともに伝来し、弥生時代には、すでにあったという説もありますが、奈良時代に烏梅(ウバイ)という漢方薬が伝わり、それを作るために中国から梅の木を持ち帰ったのが最初と言われています。中国では、烏梅を「ウメイ」と発音していたことから、梅の木をウメと呼ぶようになったと伝えられています。

 烏梅は、青梅をいぶして乾燥させた生薬です。その煎じ液には抗菌作用と抗真菌作用があり、喉の渇きや嘔吐(おうと)、下痢、寄生虫による腹痛、せき止めなどに用いられました。また、烏梅を用いた漢方薬には、烏梅丸があります。これは、烏梅に細辛(サイシン)、乾姜(カンキョウ)、黄連(オウレン)、附子(ブシ)など10種類の生薬を配合した丸薬。寄生虫による腹痛や手足の冷えなどに用いられました。携帯に便利な形状をしており、旅先などで重宝されました。

 烏梅や烏梅丸は、食あたり(食中毒)など消化器の病気によく使われました。抗生物質がなかった時代、その代わりとなる薬だったわけです。ところが、梅の木の栽培が日本で広がるにつれて、薬より食品として利用され、食生活の中へと浸透していきます。現代でいうなら、サプリメントのような使われ方になってきたのです。梅をさまざまな食品に加工するのは、海外では見られない日本の特徴です。寒中に咲くかれんな花の姿が、日本人の感性に合って人々に親しまれたことや、梅の効用が湿度の高い日本の気候風土に合っていたこともあるのでしょう。

 ◇梅の有効成分と効用

 梅の主な成分は、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸です。クエン酸には、細菌やカビの増殖を抑えるほかにもさまざまな作用があります。疲労回復や食欲増進、カルシウムの吸収を促進して骨を強くしたり、鉄の吸収をよくして貧血を予防したりします。

 また、梅に含まれる有機酸は酸っぱい味の元で、唾液の分泌を促進します。唾液には消化を助ける酵素が含まれ、口腔(こうくう)内を殺菌する作用もあります。自己免疫疾患のシェーグレン症候群という病気では、症状の一つとして口腔内の唾液が少なくなります。すると虫歯が増えたり、口臭の原因になったりします。唾液は体にとって非常に大切なものなのです。唾液の分泌は、緊張した時や高齢になると少なくなります。口腔内が乾燥すると食べ物がおいしく感じられず、飲み込みが悪くなり、消化や吸収も低下します。梅の酸味を活用して唾液の分泌をよくしましょう。

 風邪のひき始めや二日酔いでむかむかする時は、お湯に梅干しとすりおろしたショウガを入れて飲むとよいと思います。ちょっとした不調に役立つ梅の民間療法です。

 ◇香りのよいシンプルな梅酒の作り方

 旬の時期は梅の実に氷砂糖と焼酎を加えて梅酒を漬け込みますが、梅の有効成分を抽出して健康的に作りたいなら、砂糖はなるべく控えたほうがいいと思います。これは昔の作り方ですが、梅の実をアルコール度数の高いお酒に漬けて2~3週間後に取り出します。その後、3カ月から半年、冷暗所で保存すると香りのよい梅酒ができます。焼酎の他にブランデーで作ってもおもしろいと思います。

 梅酒は、長期間漬けたものがおいしいと思われていますが、お酒の色が濃いものは、渋みなどが出ています。あまり体にはよくないでしょう。

 ◇梅を活用する際の注意点

 梅にはさまざまな効用がありますが、注意点も知っておきましょう。梅干しには、塩分が多く含まれます。取り過ぎは腎臓に負担がかかり、高血圧の原因になります。量を控えめにしましょう。また、通常の作り方をした梅酒には砂糖が多く含まれ、とくに糖尿病の人は注意が必要です。

 生の青梅にはアミグダリンという青酸配糖体が含まれます。核の中の種子に多く、生の梅には危険があります。生のまま食べるのは避けてください。塩やお酒などに漬けて加工された梅では、分解されるのでとくに問題はありません。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000023-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




感謝します。


亜鉛の働きミネラル成分
牡蠣エキス 亜鉛

金沢医科大発の化粧品を商品化 しみ、しわ改善の効果

訪問感謝です。




 金沢医科大の研究成果を基にした商品開発を進めるベンチャー企業「エムシープロット・バイオテクノロジー」は、体内でコラーゲンの産生を促す活性化コラーゲン「トリペプチド」を高濃度で配合した基礎化粧品を商品化した。21日から金沢市のめいてつ・エムザ「黒門小路」で取り扱う。

 同大の友杉直久名誉教授(腎臓内科)が昨年、日本動脈硬化学会誌に発表した研究成果をヒントに開発した化粧水とクリームで、肌の再生を促すことでしみ、しわの改善や潤いにつなげる。肌の表面を一時的に潤すのではなく、肌を育てる感覚に近いという。

 トリペプチドの原料には安全性が高いサメを使い、TOWAKOメディカルコスメティック(能美市)が製造販売する。トリペプチドを摂取できる健康食品「グリ・コラーゲン」も扱い、相談会も開く。

北國新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00495494-hokkoku-l17
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。


オンラインで家庭で英会話教室ができます。
こども英会話のキッズパーク
酵素ドリンクダイエット
プロフィール

himehazu

Author:himehazu
彼女のダイエット方法はうまくいくのかにようこそ!
ダイエットにまつわる情報を集めています。

美容・健康

最新記事
カテゴリ
最新コメント
酵素黒酢
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。