スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広末涼子、芸能界引退を考えた過去を告白…そのために取った行動は「太ること」

こんなのもあります。




女優の広末涼子(37)が、4日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)に出演し、芸能界引退を考えた時期があったことを告白した。



 二十歳のころ、人気絶頂だった広末は「初めて海外の作品とかやらせてもらって、日本の芸能界のシステムとかを聞かれることが悲しくなってしまった」と、引退を考えたきっかけを告白。「30代の方が役の幅が広がるけど、まだ10代って妹役とかで、やり尽くしちゃった感で、お仕事を辞めたいと思った」と振り返った。

 引退するために広末が取った行動は「一生懸命太った」ことだという。「誰かを傷つけたり、誰かに嫌な思いをさせないで、仕事が無くなる方法っていったら、太ることだと思った」。

 番組が2002年のTBS系ドラマ「愛なんていらねえよ、夏」出演時の写真を公開。広末は「クッキー、炭酸。クッキー、炭酸。ビール、ラーメン。ビール、ラーメン。これが一番効きます」と“逆ダイエット”法を披露した。

 「太ると自分が重くなって、動きたくなくなる。悪循環なんだけど(自分には)好循環で、37(キロ)から52(キロ)になった」と語った。

 1997年のフジテレビ系ドラマ「ビーチボーイズ」で共演していた女優の佐藤仁美(37)は、「同世代で話題になっていた。涼子ちゃんどうしたんだろうって」と当時を振り返り、「そのまま太り続けていたら同じ位置(ぽっちゃり)だったね。仕事の取り合いになっちゃう」とスタジオを笑わせていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000199-sph-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


桑ポリス 桑の葉の力で食べたものがなかったことに
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。
スポンサーサイト

伊藤かずえが“姉貴”と慕う いとうまい子の意外な頼もしさ

ようこそおいでくださいました。




 今もドラマで活躍中の伊藤かずえさん(50)にとって無二の親友といっていい存在が、女優のいとうまい子さん(52)。始まりは10代に共演したことだった。

 ◇  ◇  ◇

 まい子は私が16歳の時から、これまでずっと姉貴的存在です。見かけによらず男勝りで、サバサバした性格。思ったことは全部口にしちゃう典型的なB型です。私の方が背が高いし、彼女は兄が2人いる末っ子、私は長女なので、どちらかというとお姉さんっぽく見えると思うのですが。

 初共演は1983年の学園ドラマ「高校聖夫婦」(TBS系)。その後、84年の「少女が大人になる時 その細き道」(同)でも共演。私はまだ高校に通いながらの撮影で、学校と仕事で本当に忙しかったのですが、共演が続いたことですぐ仲良しになりました。私に“お姉さんが欲しい”という思いがあったのも関係していたかもしれません。

 10代って多感で敏感な時期です。しかも、撮影の現場は今と違ってものすごく過酷でわからないことだらけ。当時はまだフィルムで撮っていた時代で、NGを出したらきつく怒られるし、体力的にも精神的にもクッタクタでした。そんな中で声をかけて助けてくれたのが、まい子でした。

■恋愛相談をしたら「あたしが確かめてあげる」

 演技のことだけでなくプライベートも相談しました。親や兄弟、友達よりずっと一緒にいましたからね。恋愛相談に乗ってもらったこともあります。好きな男の子がいて、彼の気持ちがわからなくて悩んでいたんですね。それでまい子が「あたしが気持ちを確かめてあげる」って、いきなりスタッフルームの黒電話から「どうなの?」ってかけちゃって。相手はしどろもどろだったみたいで、「かずえ、あんな男やめな。好きってはっきり言わないし、男らしくない」ってすごく怒ったんですよ。結構、頼もしいんですよ(笑い)。

 話題になったのは3作目の共演の「不良少女とよばれて」(84年・同)。私は少年院に入っていた通称モナリザでした。番長の曽我笙子を演じるまい子との乱闘シーンは本気で演じたけど、忘れられないのは笑いを抑え切れなかったセリフ。「勝った方が負けた方の骨壺を蹴飛ばすまでさ!」って凄みを利かせるんだけど、当時の私たちにはそれがなんかおかしくて。顔を見合わせると噴き出しそうになって、どうにか意識を集中させてNGを出さないようにして乗り切ったのを覚えています。

 お互いに結婚しましたが、ずっと付き合いが続いていて、1年に1回ぐらいは旅番組で出かけたり、一緒にバラエティーにも出演しています。10代から続いている友達なんてそうそういないし、今もよき相談相手です。

■12キロのダイエットに成功

 最近、お世話になったのは料理研究家の柳澤英子先生です。女優という職業柄もあるし、ネット上で「伊藤かずえ激太り」なんて書いてあって、あらゆるダイエットを試しました。そんな私にとって「これだ!」と実感したのが柳澤先生の料理です。きちんと食べながら痩せるというのが先生の考え方。番組企画で始めたのですが、去年から続けて今では12キロも痩せることができました。

 最初は半信半疑。最初の2週間は体重が65・5キロのまま、まったく変わらなくて「やっぱり無理、食べて痩せるなんてありえない」って思いました。だけど、柳澤先生の「毎日たくさん食べているのに体重が増えてないでしょ? 頑張りましょう」という“魔法の言葉”に励まされて続けたら、7月から約100日間で10キロまで落ちた。それを先生は自分のことのように喜んでくれて。調べたら血管年齢は28歳。肌の調子もよくなり目の下のクマもなくなって(笑い)、化粧品代が以前より安く済むし、コスパもよくなりました。

 実は料理はもともと嫌いだったんです。だけど、先生の料理は一度に5~6品、3日間分作り置きするレンチン(レンジでチン)レシピ。ズボラな私に向いていたんですね。簡単だし、自分なりにアレンジできるのも楽しい。このダイエットを始めてからもうすぐ1年。お酒が飲めるし、いっぱい食べられてストレスもなし。リバウンドもしていません。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000002-nkgendai-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ではまた。

イギリスにあるポートメリオン社、フラワーガーデンが食器になりました。
ボタニックガーデン 洋食器

伊藤かずえ、12キロ減量で娘の制服入っちゃった!

こんなのもあります。

伊藤かずえが12キロやせたレシピ: 「やせるおかず 作りおき」続ける秘密はアレンジ! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

新品価格
¥1,080から
(2017/6/10 13:01時点)





女優、伊藤かずえ(50)が9日、東京都内で行われた著書「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」(小学館)の出版会見に出席した。

 伊藤は昨年夏、バラエティー番組の企画でダイエットに挑戦。野菜や肉などバランスの良い食事を続け、100日間で65・5キロ→53・5キロの減量に成功。同著ではそのレシピを公開している。

 現在はシングルマザーとして長女(15)の子育てに奮闘中。「やせる前は娘に『顔デカ、デブ』といわれたけど、やせたので娘のセーラー服を着てみたら、ちゃんと着ることができた。制服は娘と兼用にします」とお茶目に喜んでいた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000004-sanspo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





感謝します。

伊藤かずえが12キロやせたレシピ: 「やせるおかず 作りおき」続ける秘密はアレンジ! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

新品価格
¥1,080から
(2017/6/10 13:01時点)


石田えりのダイエットの秘密を「ビビット」が公開、ポイントはアボカドとパプリカ

お元気ですか?




25日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)では「RIZAP」の新CM発表会で約20年ぶりとなるビキニ姿を披露した女優の石田えり(56)のダイエットの秘密を特集した。

【写真】52歳エドと56歳えり…さあどっち?

 石田は、今年2月からトレーニングを開始。番組のインタビューにビキニ姿で応じた石田は、ダイエットで「一番驚いたのは背中。背中がぷよぷよってしてたのがギューッと硬っみたいな」と明かしていた。ウエストはマイナス14・5センチ。体重は54・3キロから49・4キロ。体脂肪率が23・9パーセントから17・8パーセント。体脂肪量は13キロから8・8キロへ減ったという。

 番組ではダイエットの方法を紹介。週2回1時間のマンツーマンの筋力トレーニングを3か月続け、食事を低糖質、低炭水化物ダイエットと呼ばれる方法で生野菜、アボカドとパプリカを欠かさず摂ったという。またラタトゥイユと卵が効果的でラタトゥイユは常に作り置きしオムレツで包んで食べていた。気をつけなくてはいけないのが根菜類。糖質が多いのでこのダイエットには注意が必要と紹介しれいた。

 コメンテーターのテリー伊藤氏(67)は「石田さんがすごいのはビキニでしょ。ごまかしようがないもんね。すごい」と感嘆のため息を漏らしていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000062-sph-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。


桑ポリス
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。

イ・スギョン、20キロ減量成功の秘訣は?

こんなのもあります。




女優イ・スギョンが20キロのダイエットに成功した秘訣を打ち明けた。

 15日夜9時30分から放送される料理バラエティー番組『冷蔵庫をお願い』(JTBC)には、イ・スギョンとSISTARのヒョリンが出演する。

【写真】スポーツする姿も美しいスターたち

 イ・スギョンは同番組の収録で、以前太っていたころの写真を公開した上で「これまでに20キロ減量した」と話し、出演者たちを驚かせた。

 イ・スギョンは「普段から食べることが大好きで、食費のためにカードの利用限度額を超過したことがあるほど。好きなものを好きなだけ食べるため、一日に3時間ずつ運動するのがダイエットの秘訣」と語った。さらにイ・スギョンは「最近している運動は『ズンバダンス』」と話し、音楽に合わせて行うさまざまな動作を司会者やシェフ軍団に伝授し、現場の雰囲気を盛り上げた。

 この日出演したヒョリンも、健康的で美しい体をつくる秘訣について「よく食べることで知られるSISTARのメンバーの中でも、私が一番たくさん食べる。一生懸命運動すれば、食事メニューをそんなに厳しく調節しなくてもたくさん食べることができるので、運動を続けている」と語った。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00001394-chosun-asent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


桑ポリス
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。
酵素ドリンクダイエット
プロフィール

himehazu

Author:himehazu
彼女のダイエット方法はうまくいくのかにようこそ!
ダイエットにまつわる情報を集めています。

美容・健康

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ふくらはぎウォーマーのミーテ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。