FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍さんの成長戦略を潰そうとしているのは誰か 犯人は“医療ムラ”

訪問感謝です。




安倍さんの成長戦略を潰そうとしているのは誰か 犯人は“医療ムラ”


Business Media 誠 6月24日(火)11時36分配信








 少し前のコラムで、安倍首相が成長戦略のひとつとして掲げた「サプリメントの表示解禁」を消費者庁がサクッと骨抜きにしている、という内容を書いたら、知り合いの官僚からクレームが入った。

【他の画像】

 「あの記事は消費者庁を悪者扱いしているが、サプリの規制緩和を潰そうとしている主犯は厚労省や製薬会社という医療ムラ。むしろ、中立にやろうと“親”の厚労省と業者の間で“板挟み”になって苦しんでいる」



 情報を操ってナンボの官僚の話をうのみにはできないが、構造的にはよく分かるし、うなずく部分も多い。というのも、ここのところの消費者庁の立ち回りをみると、確かに社内の派閥政治に翻弄(ほんろう)される“イケてない中間管理職”のようだからだ。



 例えば今、消費者庁は有識者や業界団体とともに、「食品の新たな機能性表示に関する検討会」なんてのを開いているのだが、ここで交わされている消費者庁と有識者らの議論が見事なまでにかみ合っていない。



 中でも真っ向から衝突しているのが、「身体の部位への言及」だ。安倍首相がぶちまけた「世界最先端の規制緩和」では、消費者に分かりやすい形でサプリの機能を伝えるということだったので、業界としては当然、米国のように機能がうたえるものだと思っていた。機能がうたえれば、いかがわしい宣伝文句もできなくなるわけだから、悪徳業者も自然に淘汰される。マジメな業者からすれば、願ってもない話だ。



 が、消費者庁が「それはムリ」と突っぱねた。薬事法のからみで、「トクホに準じた表現」で手打ちにしましょうと持ち出したのである。



 「おいおい、それじゃ規制緩和でもなんでもないじゃん」という不満がワーワーと噴出したのが5月30日の検討会。あまりにもベタな「岩盤規制」っぷりに、一体どこに落としどころをもっていくのかと注目をしていたら、消費者庁がある“アクション”を起こした。



●業者をたて続けに摘発



 健康食品の摘発はこれまで2~3カ月に1業者というのんびりとしたペースだったのに、6月5日にポンポンポンとたて続けに3業者、さらに10日にも1業者があげられたかと思えば、13日にも1業者を摘発したのである。



 「半沢直樹」に出ていた金融庁のオカマ検察官ではないが、「国家権力ナメんなよ、おめーらなんていつでも潰せるんだぞ」という実に分かりやすいメッセージが発動されたというわけだ。



 この問題を追いかけている記者ならば当然、何が起きているのかはすぐ分かる。が、官僚の話を右から左へという人々はのっかってしまう。だから、消費者庁や検討会の委員も務める国立医薬品食品衛生研究所の合田幸広さんからのネタで、こんなネガティブ記事が量産されていく。



 「健康食品狙われる高齢者 うその効果 仕入れ値70倍」(6月11日、朝日新聞)



 「『3カ月で理想の姿に』 健康食品販売会社に措置命令」(6月13日、朝日新聞)



 消費者庁が最も困るのは世間から「安倍ちゃんの成長戦略を骨抜きにするのか!」という批判がもちあがることだ。だから先手をうって貶(おとし)めたい連中のネガティブな印象を広めておく。プロパガンダの基本のキである。



 ご存じのように、この手の謀略にもっとも長けているのは、「官僚のなかの官僚」である財務省だ。「日本の国債が紙くずになるかも」なんて嘘八百をふれまわり、高級官僚の話はノーチェックで掲載するマスコミを利用し、増税キャンペーンを張ったのも記憶に新しい。



 そんな財務官僚と比べると、消費者庁にはまだ国民を騙(だま)すことに抵抗がある善良な人が多いのか、この手のプロパガンダにも粗が目立つ。それがよく出ているのが、13日の摘発と同時に公表された以下のメッセージだ。



 消費者庁は、これまでに、いわゆる健康食品の痩身効果を標ぼうする表示について、景品表示法に違反するとして、5件の措置命令を出しています。今回、これら措置命令で問題となった広告表現のほか、健康食品に関する専門家の意見等を、「消費者の皆様へ(健康食品の表示について)」(別添)として整理しました。(出典:健康食品の表示について - 消費者庁(PDF)



●ネガキャンにすらなっていない



 表示の規制緩和を潰そうというこのタイミングで、まるでアリバイづくりのように「注意喚起」の体で表示のネガをふれまわる。「監督官庁」がここまでベタなマッチポンプしていいのかしら、と思わず首を傾げてしまうが、「消費者の皆様へ」というファイルを見てさらに目を疑った。



 「1粒飲むだけ! 超かんたんダイエット!?」というキャッチコピーのサプリメントに対して、女性が「?」と首をかしげて、こんなことを言っている。



 「このような広告 本当かしら?」



 だから“このような広告”を変えようとしているんでしょ、と思わずツッコミを入れてしまいたくなるが、このタイミングでこういうビラを配布しようというセンスが分からない。というか、サプリメントに「機能」がうたえるようになれば、「このような広告」も駆逐されるわけだから、厳密にはもはやネガキャンにすらなっていない。とにかくなんでもいいからサプリのネガを出しとけということか。



 昨年、安倍首相が規制緩和を言い出した直後、厚労省の研究班が、市販されている健康食品の約4割に、体内で薬や毒物の成分を分解、排出する「薬物代謝酵素」の働きを促す作用があり、医薬品の効き目を低下させるなんて研究結果を公表した。



 ただ、これは別に目新しい話ではなく、米国でサプリの規制緩和があった時も、似たような“エビデンス”がバンバン医学界から飛んできた。そういう意味では、消費者庁がこんなムチャなネガキャンを仕掛けなければいけない事情もだいたい察しがつく。



 安倍さん、この人たちガチであなたの成長戦略を潰しにきていますよ。





[窪田順生,Business Media 誠]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000016-zdn_mkt-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

成長つづくサプリ市場 規制緩和はどうなる?

こんにちは。




成長つづくサプリ市場 規制緩和はどうなる?


エコノミックニュース 4月23日(水)12時23分配信







 サプリメントなど、健康食品の市場が拡大している。矢野経済研究所によると、12年度の健康食品市場は前年度比0.5%増の7091億円。13年度は同0.3%増の7113億円を見込む。高齢化で消費者の健康意識が高まり、メーカーが次々と参入。競争は激化している。消費者庁では米国を参考に、サプリメントの表示を規制緩和しようとの動きもある。業界に与える影響は大きそうだ。



 「はつらつとした毎日に」「酵素パワーでさらさら」。新聞やネット、折込チラシなどにあふれるサプリメントの広告。健康志向の高まりとともに、需要は右肩上がりだ。分野別の規模をみると、大きいのは「青汁」で529億円。12年度は前年度比2.5%増だ。関節に効くとされる「グルコサミン」は同9.4%増の464億円。最近では「酵素(植物発酵エキス)」がブーム。前年度比23.8%増の248億円と急成長している。美容・アンチエイジング分野で知名度が向上中の「プラセンタ」も、同29.6%増の170億円。通販を中心に、顧客の裾野は広がっている。



 利益を見込んで、サプリ市場にはメーカーの新規参入が相次ぐ。同じような成分、名前の商品があふれ、差別化は難しい。競争が激化するにつれ、企業は価格競争を強いられる。消費者に訴えようと、食品なのにあたかも「医薬品」のような効果があると見せかける誇大広告も少なくない。



 そんな中、消費者庁では、サプリメントにも「機能性表示」を解禁しようとの検討が進められている。食品であるサプリメントには現在、「◯◯に効果がある」などの表示が認められていないが、一定の科学的根拠があればこうした「機能性表示」も認めようというものだ。消費者の安全性確保ができるのか疑問もある。一方、制度が変われば、サプリの表示にもきちんとした科学的根拠が求められることとなり、市場の活性化や、商品ごとの差別化につながる可能性もあるだろう。消費者庁では今年度中に結論を出し、制度改正に踏み切る考えだ。(編集担当:北条かや)





Economic News







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140423-00000037-economic-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します





感謝します。

「第三の矢」でサプリ業界が注目する動向とは? 日本でも表示規制緩和となるか?

ようこそおいでくださいました。




「第三の矢」でサプリ業界が注目する動向とは? 日本でも表示規制緩和となるか?


エコノミックニュース 4月5日(土)16時28分配信








 サプリメントを熱心に選択・利用する目的は多様化している。そして、期待する効果も多彩だ。ヒアルロン酸、グルコサミンなど一般的なサプリから、聞いたこともないような、さまざまなサプリがインターネットで売られているほか、コンビニや100円ショップの棚にも並んでいる。



 内閣府消費者委員会が2012年実施した調査では、一般消費者の約60%が、何らかのサプリメントを使い、50歳代以上でそれは急増し、約30%がほぼ毎日利用しているという。また、市場調査会社インテージの調査では、年齢が上がるほど複数サプリの併用が増えるという。先の内閣府の調査では、2012年で市場規模は1兆7000億円に達するとしている。先日、サプリメントを販売する中堅企業の社長が、ある政党幹部に数億円の資金供与したとしてニュースにもなっていた。



 一方、1991年に制定された健康食品と呼ばれる特定保健用食品いわゆるトクホからも、サントリー食品「特茶」や花王「ヘルシアコーヒー」などがヒットしたが、申請・許可にコストがかかり停滞気味だ。



 逆に、「糖質カット」や「カロリーゼロ」を全面に訴求するビール類など酒類を含む飲料品の販売は急速に成長しており、毎年減少傾向が続く酒類業界でも、この分野の製品だけは、どこのメーカーでも急伸長している。



 確かに「トクホ」は国の制度によって個別製品ごとに審査・許可された商品だ。が、サプリメントに明確な規定は無い。サプリの容器やパッケージには、さまざまなメリットが記載されてはいるが、いわゆる「健康食品」として流通しているだけなのだ。サプリメントにも国が決めた一定の基準を満たせば「機能栄養食品」と表示することができる。ただし、ビタミンとミネラルに限定されている。



 前段で「サプリにその“メリット”が記載され……」と記したが、サプリが「○○……に効く」などの効果・効能を訴求すると、薬事法違反となる。しかし、一方で消費者は、そのサプリがどういう症状に効くのかという十分な商品情報がほしい。こうした法整備と実態に大きなギャップがあるのに、マーケットが拡大しているのが、サプリメントなのだ。



 こうした日本のサプリ市場を後押ししそうなのが、政府の成長戦略で決まった健康食品の表示規制緩和だ。米国のサプリメント制度を参考に2014年度にも解禁される方向で検討されている。



 米国ではサプリメントを医薬品と食品の中間に位置づけている。米国におけるダイエタリーサプリメントは、1994年に決まった法律「DSHEA」で規制される。口に入るものを「医薬品」「サプリ」「食品」の3つに分類。法施行後、科学的根拠に基づいて健康への効果・効能を謳うサプリを大幅に増やした。結果として、米国でその市場が一気に拡大した経緯がある。



 日本でも米国と同じことが起きれば、市場は一気に拡大。経済効果も大きいと、政府自民党などが推進する方向で動き・業界団体の期待も高まっている。



 しかしながらサプリメントは米国でも医薬品ではない。あくまで栄養補助食品なのである。今後の政府自民党の対応を注視したい。(編集担当:吉田恒)





Economic News







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000080-economic-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します





感謝します。

ピルボックス、ダイエットサプリ発売

訪問感謝です。




ピルボックス、ダイエットサプリ発売


健康産業速報 2月28日(金)18時39分配信







 ピルボックスジャパンは3月17日、集中型ダイエットサプリメント「ひとつだけをしっかりと!」シリーズ3品を発売する。ドラッグストアを中心に展開する。



 ヒト臨床データのある原料を使用した点が特長。「スッキリ系」「燃焼系」「ブロック系」の3種類をラインアップする。



 同社では「食品の機能表示制度の検討が進むなか、サプリメントはより本物が求められる時代になる。確実に効果が期待できるサプリメントとして広めていきたい」と話している。





健康産業速報




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00010008-kenkosoku-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。




舟山久美子 巨乳に囲まれ「大きくなりたい」から揚げとチーズ。

こんにちは。




舟山久美子 巨乳に囲まれ「大きく…」


日刊スポーツ 2月18日(火)14時19分配信










舟山久美子 巨乳に囲まれ「大きく…」


左から池田愛恵理、水樹たま、舟山久美子、今野杏南、清水あいり





 モデル舟山久美子(22)が18日、都内で行われたダイエットサプリメント「スリミスタ」のPRイベントに参加した。



 ダイエット検定1級に合格した舟山は「ダイエットは食べる順番に気を付けたり、ちょっとしたことの積み重ね。続けることが大事」とアドバイス。



 イベントには同商品のPRプロジェクトとして結成された巨乳アイドルユニット「FANTA☆STAR」も登場した。“土偶アイドル”として人気の水樹たま(28)は「トレーニングはしてます。私の場合は気休めなんですけど」と苦笑し、「バランスはこのままでスッキリしたい」と同サプリでダイエット挑戦中であることを明かした。



 胸の大きな女子に囲まれた舟山は「大きくなりたい!」。4人から「唐揚げとチーズがオススメ」と聞くと、「今すぐ食べます」と即答していた。








【関連記事】





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000024-nksports-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとう。




酵素ドリンクダイエット
プロフィール

himehazu

Author:himehazu
彼女のダイエット方法はうまくいくのかにようこそ!
ダイエットにまつわる情報を集めています。

美容・健康

最新記事
カテゴリ
最新コメント
酵素黒酢
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。